TOP > 体験レポート > 有限会社玉井フルーツ店

もともと食のこと、とくに健康、長生きなどのことに興味が強く、長寿の県である信州の食文化の本をよみあさっているうちに、かなり信州に対して興味関心を持つようになりました。

学生インタビュー

インターンシップに参加したきっかけ・経緯を教えてください。

もともと食のこと、とくに健康、長生きなどのことに興味が強く、長寿の県である信州の食文化の本をよみあさっているうちに、かなり信州に対して興味関心を持つようになりました。そこでネットでも信州のことについて調べていたところ「信州インターン」というサイトを見つけたことがきっかけです。ドライフルーツがかなり好きなこともあり、いくつか受け入れ先の候補を挙げて頂いた中に玉井フルーツさんがあり、ぜひ、とお願いさせていただきました。インターン自体は3つ目で、この夏もなにか食関連でインターンをしてみたいということもあり、サイトを見つけてすぐに問い合わせをさせていただきました。

インターンシップの実習内容を教えてください。

・1日目:2日目にむけたプレゼンテーションづくり ・2日目:別所温泉の旅館へのドライフルーツをお茶うけにしてほしいというプレゼンテーションをしました。午後はそれをもとにした製品の改善点を出し合いました。 ・3日目:女性をターゲットにして市場を模索し、午後、市場拡大に向けた店舗調査をしました。 ・4日目:これまでのまとめ、課題を話し合い、午後、道の駅に調査に行きました。 ・5日目:プレゼンテーションにむけたまとめ、プレゼンテーションをしました。

インターンシップを通じて受入企業について分かったこと・気付いたことを教えてください。

長野県、信州、という自然に恵まれた環境にあるドライフルーツ専門店というブランド力。地域に根付いた地元に愛されている企業だという点が強みだと思いました。 とくに日本でのドライフルーツの市場規模は、これから期待できるものがあると思うので、信州・上田のドライフルーツ専門店としての知名度は上げていけると思いました。

インターンシップを通じて自分自身が変わったこと・気付いたことを教えてください。

インターンシップ自体は3つ目だったのですが、今回のインターンシップが一番頭を使った気がします。それは、まず2人だけで行ったということで、片方が浅い考えしか持てないと、良いものが作られないため、自分の感性を言葉におとすということを大事にしたことがおおきいと思います。 まだ2年ではありますが、働くというのは人生においてとても長く、選ぶ際慎重に選びたいと思っているので、いろいろな企業さんで就業体験という形をとらせていただくことは、毎回就活に向けてとてもプラスになります。 終わってすぐになにか変わったかといわれるとわからないけれど、これから先様々なところでこの「信州インターン」をしたことで変わったことが活きてくるのではないかとおもっています。

学生Profile
大学名
東京家政大学
学部・学科・コース
家政学部栄養学科栄養学専攻
学年
2年生
性別
企業Profile
社名
有限会社玉井フルーツ店
所在地
長野県上田市中央2-6-5
資本金
300万円
従業員数
16名
業務内容
無添加ドライフルーツの製造及び販売、ドライフルーツを使ったレシピの考案
TEL
0268-22-0581
編集部コメント
信州産のドライフルーツを販売する企業。有限会社玉井フルーツ店。
ドライフルーツ製作では珍しい、添加物を使用せず、体に良いものを作り続けています。
ただ販売するだけでなくマーケティングなどに力を入れているとの事。
長寿の県には秘密がある。その秘密を垣間見ませんか?
  • 有限会社玉井フルーツ店
  • 有限会社玉井フルーツ店

あさがくナビアプリ

あさがくナビ2018
あさがくナビ2018

アプリで就活を効率化!

  • あさがくナビ就活エージェント
  • あさがくナビの合同企業セミナー「就職博」35周年記念サイト
  • AIがあなたの就活を強力サポート! 就活の未来を変える「就活ロボ」、発進 詳細を見る

公式アカウント