TOP > 体験レポート > 株式会社グリーンデイズ

兎にも角にも働いている方々がとても楽しそうだったのが印象的でした。良い意味で直売所というイメージが変わりました。

学生インタビュー

インターンシップに参加したきっかけ・経緯を教えてください。

栃木へ移住し農業に携わる仕事がしたいと思っていた所、有楽町にあるふるさと回帰支援センターの栃木担当の方がこのインターンシップを紹介して下さり、参加しました。 直売所を住宅街に設置し、農家の方に値段を決めてもらうという斬新な事業内容が気になり、グリーンデイズさんに決めました。

インターンシップの実習内容を教えてください。

1日目:午前中に宇都宮市内の農家、「農人たち」さんを訪問し、何を育てているのか、どのような活動を行っているか、ここに至った経緯等について話して頂いた。午後は、店頭に立ち、接客、農産物の品出し、陳列を行った。 2日目:とうもろこしやブロッコリー、トマト等の袋詰めを行い、値札の印刷、貼り付けを行った。また、南瓜の時期ごとの特徴や、花韮の季節を教えて頂いた。 3日目:基本的に1日目、2日目と同じ作業ですが、お客様からの質問などに上手く答えられず、知識不足が悔しかったです。 4日目:作業は同じ。鍋物が出る前のこの時期は白菜は2分の1ではなく、4分の1サイズで切った方が明らかに売れました。時期や時間によって売り場を柔軟に変えていくことが売り上げの向上に繋がると感じました。 5日目:この日も作業は同じ。時期や農産物の品質、値段によっても売れる物が変わってくる事を学びました。

インターンシップを通じて受入企業について分かったこと・気付いたことを教えてください。

兎にも角にも働いている方々がとても楽しそうだったのが印象的でした。また上戸祭店はスーパーの敷地内にあり、駐車場が広いためお客さんの出入りが多く、良い意味で直売所というイメージが変わりました。農産物や加工品の販売だけでなく、YouTubeなどで農家を紹介するチャンネルをつくり、地元のサッカーチームと連携してお弁当を作るなど様々な取り組みを行っており、地元に根付いた企業を目指しているのが分かりました。

インターンシップを通じて自分自身が変わったこと・気付いたことを教えてください。

社長さんが仰っていた、「本気で日本の農業を変えたい」という気持ちや、現状への危機感に共感し、自分も何かアクションを起こしたいと思うようになりました。日本の農業を少しでも盛り上げることが出来ればと考えています。直売所や農家さん、農業に対するイメージが大きく変わりました。

学生Profile
大学名
明治大学
学部・学科・コース
文学部 史学地理学科
学年
4年
性別
企業Profile
社名
株式会社グリーンデイズ
所在地
栃木県宇都宮市上戸祭町3031-3
資本金
1,200万円
従業員数
160名
業務内容
農産物の直売所「あぜみち」の運営、お惣菜の製造、地域特産品等の販売
TEL
028-678-9687
編集部コメント
農産直売所「あぜみち」を管理運営している株式会社グリーンデイズ。宇都宮市内で3店舗運営しており、「生産者と消費者がつながる〝懸け橋”になる」事を目標に生産者と対話しながら野菜を購入できるスペースや料理教室などのイベントが開催できる直売所を運営しております。
直売所というと、小さなスペースを想像されるかと思いますが、230坪というスケールで、県内のおいしい野菜や名産品がずらりとそろっておりました。
日本の農業を元気に。その思いを体現している企業で、栃木の魅力を体験してみませんか?
  • 株式会社グリーンデイズ

あさがくナビアプリ

あさがくナビ2018
あさがくナビ2018

アプリで就活を効率化!

  • あさがくナビ就活エージェント
  • あさがくナビの合同企業セミナー「就職博」35周年記念サイト
  • AIがあなたの就活を強力サポート! 就活の未来を変える「就活ロボ」、発進 詳細を見る

公式アカウント